Atsushi Terazono

シリア代表

ジハード・フセインの引退

去年10月、また一人、シリアサッカーのレジェンドが現役を引退しました。ジハード・フセインという選手です。引退後、初めてメディアの取材に応じたジハードですが、そのメディアとはシリア反政府系ネットメディアでした。
シリア代表

新監督はシリア代表に変革をもたらすか

シリア代表は今年(2020年)3月からチュニジア人新監督を迎え、これまでにないスタイルのチームづくりに着手しているようです。
シリア国内リーグ

経済危機でも活発な移籍市場

シリア・プレミアリーグの2020/21シーズンは10月21日に開幕します。10年近く続く戦争に加え、国際社会の経済制裁により、シリアの復興は進んでいませんし、経済はずっと混迷しているはずなんですが、一部の国内クラブはこのシーズンオフ、シリア...
feature

砲弾飛び交う中でもサッカー

以下の内容は、2020年9月12日に開催された「お家で学ぶシリアオンラインスタディツアー第8回【シリアと沖縄で!サッカーと国際協力を考える】」という催しで、本サイト運営者寺園敦史が報告した内容をもとに文章化したものです。
パレスチナ

パレスチナで拘束相次ぐサッカー選手

今回は久々にパレスチナ関係の記事です。この記事でぼくも初めて知ったのですが、ある日突然不当に逮捕されたパレスチナ代表にも選出されたことのある若い選手が、獄中でハンスト闘争を行い、世論の後押しを受けて釈放されたということがあったんですね。
シリア国内リーグ

混乱続くシリア下部リーグ

いまだ戦争中のシリアですが、トップリーグだけでなく、下部リーグも困難を抱えながらも運営され続けています。
シリア国内リーグ

シリアリーグでは八百長まん延?

今回紹介する記事は、シリア国内の審判不正問題、八百長疑惑に関するものです。
シリア・クルド

クルディスタンからシリアリーグに参戦する意味 ジハードSCのあゆみ

今回もシリア北東部、トルコ、イラクとの国境線に近いカーミシュリーというまちをホームとするジハードSC(スポーツクラブ)の話です。クルド人を中心とした多民族チームの苦闘の記録。前回投稿記事の後半部分です。
シリア・クルド

クルド人差別と八百長強要 ジハードSCのあゆみ

シリア北東部のカーミシュリーという町をホームとするクラブで、市民から愛されるジハードSC(スポーツクラブ)。クルド人が多く住む地域という特性ゆえ、過去、様々な困難にさらされてきました。そんなクラブの歴史の一側面を知ることができる記事です。
シリア・クルド

体制・反体制の狭間で生き抜くクラブ

今回は、シリアのクルド人地域に本拠に置くユニークなクラブ、ジハードSCに関する記事です。
タイトルとURLをコピーしました