イラク

バグダッドでの開催突然の撤回

前回の投稿で、バグダッドに30数年ぶりにイラク代表が帰ってくると書きましたが、まさかの展開です。
イラク

バグダッドに帰ってくるイラク代表

今月(2022年3月)24日、27日にカタールW杯アジア最終予選の最後の2節の試合が開催されます。出場権獲得(各グループ2位以上)、プレーオフ進出(各グループ3位)をかけたたたかいとは別に、おそらく世界の関心を引くと思われることがあります。...
中東地域以外

ウクライナ情勢──サッカー界の二重基準

2月24日(2022年)に始まったロシア軍のウクライナへの侵攻に対して、多方面から国際的な非難が巻き起こっています。サッカー界も同様で、FIFA(国際サッカー連盟)とUEFA(欧州サッカー連盟)は共同でロシアのクラブと代表チームを全大会で出...
シリア代表

「運び屋」にされた選手──シリア代表正GKの内部告発

カタールW杯をめざすアジアのたたかいはまもなく(2022年3月)、クライマックスを迎えます。ご存じの通り、今回のシリア代表は、2次予選こそ余裕で勝ち抜いたものの、最終予選(3次予選)では、これまで8戦してまだ1勝もあげることができず、グルー...
トルコ

クルドとサッカー(3)─サッカー人生を狂わされたデニス・ナキ

クルドとサッカーをテーマにした、エジプトのスポーツ専門サイト「フィルゴール」の記事紹介の最終回。今回はクルド民族紛争に関わる暴力によって、サッカー人生を狂わされた選手の話です。
トルコ

クルドとサッカー(2)─アメド・スポルと民族憎悪

クルドとサッカーをテーマにした、エジプトのスポーツ専門サイト「フィルゴール」の記事2回目です。今回は、トルコのクルド人が住民の大半を占める地域をホームとするチームとそのサポーターたちの話。
中東地域以外

クルドとサッカー(1)─ダルクルドがもたらす希望

クルド人は「国家を持たない最大の民族」などとよく言われます。故にといいますか、サッカーの世界でもクルド代表という国際的に認知されたチームもありません。ところが、スウェーデンには世界中のクルド人から熱い視線が注がれているクラブチームがあるよう...
シリア代表

「多国籍化」進む? シリア代表メンバー発表(2021年8月)

シリア代表は8月23日からカタール・ドーハで、9月から始まるカタールW杯アジア3次予選(最終予選)のイラン戦(9月2日)、UAE戦(9月7日)に向けてのトレーニング合宿を行っています。8月21日にニザーム・マフルース監督が選出したメンバー4...
シリア国内リーグ

シリアプレミアリーグ2021/2022シーズン戦力状況

今回は、2021/2022シリアプレミアリーグの各チームの戦力状況について、「アラブ」(2021年8月13日配信)に掲載された「الدوري السوري ينطلق بمتغيرات جديدة | | صحيفة العرب」から紹介し...
イラク

「イスラーム国」と戦ったイラク代表選手 アリー・アドナーン

数年前、ヨーロッパやアフリカのサッカー選手が、「イスラーム国」に加わり戦闘員となったというニュースは、何度か報じられたことがありましたが、逆に、「イスラーム国」と戦うために、スター選手の地位を捨て、祖国の軍隊に志願した選手もいたようです。現...
タイトルとURLをコピーしました