このサイトについて

ブログタイトルの変更

ブログのタイトルを「中東 フットボールと人びと」から「シリアサッカー事情」に変更しました。これまで投稿した記事のうち、約3分の2がシリア関連のものでしたので、実体に沿った変更です。なんのひねりも芸もないタイトルとなってしまいますが、その分わかりやすくなったかと思います。

ブログを立ち上げたときは深く考えていませんでしたが、「中東」というのはあまりにも広大でした。一個人のブログでとてもカバーできるものではありません。同じ中東といっても、率直にいって全然興味のわかない国も少なくないですしね。無理のある括りを作ってしまいました。今後はシリアを中心にしつつ、面白そうな記事を見つけたらそれ以外の中東の国のサッカーに関する情報も紹介することにしていこうと思います。

ブログ自体の趣旨、目的は立ち上げ当時のままです。サッカーだけでなく、サッカーを通して現地の人々の暮らしや現状をわずかでも知ることができそうな記事を紹介していくつもりです(とはいえ、そんな目的に合う記事を見つけるのは簡単ではないのですが)。

ブログを始めて今年6月で5年になります。途中何カ月も更新しない時期がなんどもありましたので、こんなにも続けてきたよとあまり威張ることはできません。しかし、うれしいことに、当初に比べて、ぼくのアラビア語読解レベルは多少は上がったのではないかと実感しています。自分の関心のある分野の文章を大量に読んでいく学習方法(英語学習者の間ではポピュラーな「多読」というやつですな)は、コトバの習得において有効だと実感しました。何より楽しいのがいいですね。楽しいから長続きもする。一人でこの言葉に取り組む学習者にとって、これはとてつもない利点です。

大学や専門学校で学んでいる人は別かもしれませんが、おそらく多くのアラビア語学習者がぶつかる大きな壁に、教材がないという問題があると思います。英語などのメジャーな外国語(アラビア語は国連公用語にもなっており、世界的にはまぎれもないメジャー言語なんですが)に比べると、とくに多読に使える教材なんかほとんどありません。その数少ない教材も、必ずしも興味を抱かせる内容とは限りません。そんな中、インターネットで読める新聞記事はぼくにとって唯一の頼みの綱といったところです。

アラビア語の場合、独力で新聞記事を読めるレベルになるまでには、かなりの時間を要するとは思いますが、ある程度実力がついてきたと思ったら、自分の関心のあるテーマの新聞記事に挑戦してみるのも悪くないと思います。

(2020年2月12日)


ブログ開設のごあいさつ

このサイトは、わたし自身のアラビア語の学習をかねて、つくってみたものです。

アラビア語メディア(ニュースサイトなど)に掲載されたサッカーに関する記事を通して、中東地域の社会や人びとの暮らしを紹介しようという試みです。

日本で報じられるこの地域のニュースといえば、戦争やテロ、石油がらみの記事が多くを占めますが、しかしもちろんそこにはさまざまな喜怒哀楽をもって暮らす、わたしたちとそう変わらない人びとの日常があるはずです。他の多くの地域同様、人気ナンバー1スポーツのサッカーに関係する出来事から、細切れでもその一端を紹介できたらと思っています。

ただようやくアラビア語の新聞記事を読めるようになってきたわたしの実力からして、なかなかいい記事にめぐり合えません。見出しや掲載されている写真を見て、これはおもしろうそうだなと思い読んでみると、全然つまらなかったということは多々あります。アラビア語紙は日本語紙と比べても、格段に見出し・写真と本文の内容との間に乖離があるように思います。

また、ネット上にはおびただしい数のニュースサイトがあります。政治的立場が鮮明なものも少なくなく、なかには対立する勢力を批判するため、事実を誇張、歪曲しているのではないか、と感じられる記事もあります。判断に迷うところですが、はじめからあれこれ考え込んでしまうと何もできなくなってきますので、当面は気にせずに読み進めていこうと思っています。

少しずつサイトの趣旨に会う記事を構築していくつもりです。

おことわり

記事の日本語化の最中、つねに難儀させられるのが、固有名詞です。なるべくアラビア語の表音通りにしようとしていますが、表音自体判然としないものも多々あり、かなり当てずっぽうのところがあります。

日本のメデイアですでに定着している固有名詞については、それを優先することにします。たとえば、「ディマシュク」は「ダマスカス」に、「ヒズブッラー」(レバノンの政党/軍事組織)は「ヒズボラ」にするなどです。

固有名詞につく冠詞(al)をどう表記するかも迷うところです。前記の通り、日本のメディアで定着している表記、たとえば「バッシャール・アル=アサド大統領」はバッシャール・アサド大統領」と書くとしても、サイト中頻繁に出てくるチーム名に付く冠詞(al)をどう表記するか。

はじめから決めつけるとあとあと窮屈なことにもなるかもしれませんので、当面は適当に、その都度判断することにします。たとえばエジプトの有名なチーム、アルアハリーは、「アル=アハリー」と書くときと「アハリー」と書くときもあるということです。

いやこのような枝葉に関わることよりも、肝心の文章の日本語訳自体が間違っているという問題がつねにつきまといます。細かな誤訳については見逃していただくとして、致命的な誤りなどありましたら、ご指摘ください(元記事の内容自体に誤りがある可能性もあるかもしれません)。

(2015年6月25日 寺園敦史)

サイト管理者への連絡はこちらから

Share