イランで女性のサッカー観戦 ついに認められる?

今月、テヘランで行われたイラン対ボリビアの親善マッチ(結果は2対1でイラン勝利)で、イランが現体制になって初めて、女性のスタジアム観戦が認められたようです。

イランでは、完全に禁止されていたわけでなく、国際試合では相手チームのサポーターなら女性でも入場が認められていましたし、女性国会議員に限り認められることもありました。

しかし、今回は、そういった例外的措置とは質的に違う形で、公式に一般のイラン人女性のスタジアム観戦が認められたようです。ただし、記事を読んでも、実際にかなりきびしい条件が付けられていたのかどうか、はっきりしません。

これはイラクの独立系テレビ局の記事です。ぼくがこの記事を見つけたときは同種の記事を他に見つけられなかったのですが、今検索してい見るといろんなメディアによって報道されていました。中には今回よりもくわしい内容の記事もあるようなので、改めて紹介したいと思います。

Embed from Getty Images


スタジアム 女性たちが彩る──イラン歴史的一日

掲載紙:スーマリーヤ
掲載日:2018年10月17日
記事URLhttps://www.alsumaria.tv/news/250199/يوم-تأريخي-في-ايران-النساء-يزينن-ملاعب-كرة-القدم

(*は訳注)

スマリーヤ・ニュース/バグダッド

イラン・イスラーム共和国は火曜日(*2018年10月16日)に行われたイラン対ボリビア戦で、史上初めてスタジアムでの女性のサッカー観戦を許可した。

首都テヘランの西にあるアーザーディ・スタジアムに3台のバスが到着した。バスには女性たちが乗っており、ボリビア代表の女性サポーターがいるエリアの観客席に入場した。

これに先立って、治安当局は、スタジアムでの女性の観戦を許可するようにとのイランサッカー連盟からの要求に同意していた。ただし、観戦できるのは、代表選手の家族、女子代表チームの選手、サッカー連盟のスタッフに限るとの条件が付けられている。

イランの通信社タスニームは、女性サポーターの入場に関して選別が行われたことを否定している。女性サポーターの一部が応援のためのラッパや国旗を持ち込んでいたので、サッカー連盟によって(*入場の)調整が行われたが、一般の他のサポーターたちは、調整することなくスタジアムに入場したと述べている。

男性の観客との接触を避けるため、女性サポーターにはスタジアムの特定のエリアでの観戦する措置が取られた。

イランでは女性のスタジアムでのサッカー観戦は禁じられており、これに対し、多くの女性たちは、ここ数年間、男装してスタジアムに入場していた。

フリーライター/書籍編集者。アラビア語学習者。サンフレチェ広島とザンクト・パウリ(ドイツ)を愛す。シリアに平和が戻れば、アル=ジハードというちいさなクラブを追っかける旅をしてみたいと思っている。趣味はシーカヤック。京都市在住。

Share

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。