モロッコ代表選手、イスラム国に加わる

夏は暑くて、なかなか机に向かう気になれません。見るからに暑苦しいアラビア語の勉強ならいっそう遠ざかりたい気持ちになります。

というわけで、ずいぶん更新が途絶えてしまいました。そろそろ再始動。ウォーミングアップを兼ねて、ごく短い記事を紹介します。モロッコ代表選手が、イスラム国(アラビア語での略称はダーイシュ)に従軍したという記事です。

なお、記事本文中に「2012年のワールドカップに参加」とありますが、言うまでもなく2012年にワールドカップは開催されていません。またモロッコは1998年のフランス大会以降本大会には出場していませんので、おそらく「2012年のワールドカップの予選に参加した」という意味だろうと思います。


元記事URL:
http://www.cairoportal.com/story/245187/لاعب-كرة-قدم-مغربي-ينضم-لتنظيم-داعش-الإرهابي-في-سوريا

モロッコ人サッカー選手、シリアの過激派組織イスラム国に参加

2015年8月7日
バウワーバ・アルカーヒラ

f:id:t_zono:20150903201505j:plain

(写真=http://www.cairoportal.com/story/245187/لاعب-كرة-قدم-مغربي-ينضم-لتنظيم-داعش-الإرهابي-في-سوريا より)

モロッコ人サッカー選手のムハンマド・ハーティム・アルウハービー(愛称ハラーワ)が過激派組織ダーイシュの戦列に加わった。シリアにおけるジハードに参加するためだ。モロッコ各紙が伝えた。

複数のモロッコ紙によると、ムハンマド・ハーティム選手は妻や家族に別れを告げることなく、モロッコを陸路出発。シリアとイラクで戦闘を続けているイスラム国の戦列に加わるためシリアに向かった。

ムハンマド・ハーティム選手はテトワン生まれ、サッカーのモロッコ代表としてプレーしており、2012年のワールドカップにも参加している。シャバーブ・アルマグリブ・アルテトワーニーに所属。

Share

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です